千葉県のスズキ正規ディーラーサイトです。

お知らせ(その他)

KaSHiWa*cafe

2011.12.18

ヘッドライトの電球を交換するときには、こんなとこにも注意してね

ikeでございます。

 

このごろ『ヘッドライトが暗いな~』と感じていたので、

ヘッドライトバルブを交換しました。

ちなみに前回のblogを書き終えた後の話です。

 

ちゃちゃっと交換して、さぁ後は帰るだけだぁと出発したら、

なんかやけにパッシングをくらう…。

…うん?なんとなく道路の照らされ方に違和感が?

っていうわけで会社にUターン。

 

会社の洗車場の壁を照らしてみたら…

久しぶりにやっちまった。

やっちまった… ○| ̄|_

左側に比べて右側が異常に上側を照らしているのが、一目瞭然かと。

これ、ヘッドライトバルブを付ける時に無理やり付けると、こういうふうになりがちです。

 

言いわけがましいですが、

お客様のお車を修理する際には、途中何度もチェックしながら作業を進めて行くんですが、

今回は自分の車と言うこともあり、完全に気を抜いてました。ハイ。

 

それでね、

なんでこんなふうになるかっつーとね、

本来は↓のようにバルブ側の爪とライトユニット側の凹みを合わせて組付けるんです。

こんな真裏から見ることは有り得ないけどね

(H4の場合。H1やH3など爪の形状は異なります)

普通、入るようにしか入らないんで、あり得ないように思われるんですが、

このバルブの爪がちゃんとおさまらない状態で無理やり付けますと、

ヘッドライトの光軸(光が照らす向き)がとんでもない方向を向いてしまうんです。

ちなみに無理やり押し込んだ場合の画像は↓コチラ。

手探りでやってるので、意外と解らないもんです。

こうやって後からの画像だけ見てますと、

『いや、ちゃんと嵌まってないの解るだろjk』

と思われるかもしれませんが、

こんなふうに後ろから見れるクルマなんか存在しませんから。

手探りで交換作業してると、意外と解らないもんです。

 

言い訳にしか聞こえませんか、そうですか。

 

そんなこんなで、もう一回電球を入れ直した状態がコチラ。

左右とも同じ高さになりますた。

ちなみに右側がチョイ下なのは個人的な好み。

パッシングされると『イラッ』とするので、なるべくパッシングされない方向で。

 

つーわけで、

簡単な作業だからと気を抜くと、いらん失敗をするよっ

っていう話でした。

 

 

本日もアリーナ柏のblogにお越しいただき、ありがとうございました。

次回更新は12月25日日曜日、夜遅く。

またのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

さて、

今年もクリスマスがやって来ますね。

 

爆発しろ、リア充ども

 

じゃなくて、

クリスマスと言えばサンタですが、

みなさん『NORAD』って言う組織ご存知ですか?

 

御存じでない方の為に、念の為。

このNORADとはアメリカとカナダが共同で運営してる組織で

敵国からの攻撃をいち早く察知すべく、核ミサイルや戦略爆撃機の動向を

24時間体制で監視しています。

(他にも人工衛星とか色々監視してます。 私のうろ覚えの知識ですので違ってたらご容赦を)

 

で、この軍事組織とサンタに何の関係が?

 

この『NORAD』はクリスマスイブになりますと

『サンタクロースがいつ本拠地を出発していまどこにいるかを監視、追跡しています』

『そしてその情報を随時世界に向けて公表しています』

 

あ、今、「はぁ?」って思いましたね。

でも、これ本当にやってることなんです。

しかも本気で。

 

『何でそんなことを?』『いや、言ってる意味が解らない』

と言う方は、『NORAD サンタ』でググってみてください。

彼らの本気度が伝わるかと。

 

スマートフォンをお持ちの方は、クリスマスイブになりましたら

モバイルグーグルマップで『サンタ』を検索してみて下さい。

NORADからの情報を元にマップ上に『サンタの現在地』が表示されます。

 

それでは、また来週。

  • 0

posted by スズキアリーナ柏 / U’s STATION柏  | 2011年12月18日
店舗情報へもどる